緑内障に効くサプリはコレ!ルテインサプリがおすすめ!

緑内障対策・目のケアに『ルテインサプリ』が良い!@ルテインサプリランキング

緑内障は誰にでも発症リスクのある目の病気です。最悪の場合、失明してしまう怖い病気として知られています。

 

緑内障は「眼圧」という、眼の圧力が高くなることにより、視神経が傷ついて発症すると考えられていますが、「正常眼圧緑内障」という眼圧が正常であるにもかかわらず、緑内障を発症することがあります。

 

日本人の場合、緑内障患者の約7割は、正常眼圧緑内障とされています。一般的に緑内障は眼圧検査で調べられますが、このように眼圧だけが影響するわけではないことから、分かりにくい問題です。

 

近年では、「酸化ストレス」も影響すると考えられるようになり、年齢とともに高酸化力が低下することが問題点です。

 

そのため、抗酸化成分をおぎなうことにより、身体の酸化を防ぐことで緑内障対策になると考えられます。目にももともと、抗酸化成分は含まれていて、それが減少していくので、補給する必要があります。

 

定番の成分が「ルテイン」と呼ばれるものですが、そのほかにも、「アスタキサンチン、ゼアキサンチン、カロテノイド、アントシアニン」などの成分が有効です。

 

目薬よりも、サプリメントの方が抗酸化成分が補給されやすく、効果的に緑内障対策や目のケアになるので、ぜひお試しください。

 

当サイトでは、緑内障対策や目のケアにおすすめのルテインサプリをリサーチし、ランキング形式でご紹介しています。参考にしていただけたら幸いです。

ルテインサプリランキング

めなり

めなり

おすすめポイント!

『めなり』は、目のケア、疲れ目や緑内障対策、総合的に目の健康ケアにおすすめのサプリメントです!


配合されている成分は、目に嬉しいものばかり!抗酸化成分がたっぷり詰まっています。「ルテイン」をはじめ、相性のいい「ゼアキサンチン」をプラス。


さらに、アントシアニンが豊富な「ビルベリー」を使用し、抗酸化作用に優れたポリフェノールの「アスタキサンチン」も配合しています。ビルベリーの配合量に関しては、業界トップクラスです。濃厚なビルベリーの働きで、抗酸化作用を発揮。


また、ルテインも豊富ですが、その効果を高める「クロセチン」も配合することにより、酸化還元力は2倍にもなっています。1日たった2粒で、目の健康維持をサポートできます。1日あたりのコストは99円程度と、手頃価格で目のケアが始められますよ。


価格 \907
成分 ビルベリー(豊富なアントシアニン)、ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチン、クロセチン
備考 1日2粒、1日約99円

公式サイトへ

一望百景

一望百景

おすすめポイント!

『一望百景』は、他とは一味違う目のサプリメント。特徴は、使用している原材料です。沖縄の素材を贅沢に使用しているところが特長!


目に嬉しいマリーゴールド由来の「ルテイン」をはじめ、「ゼアキサンチン、アントシアニン」が配合されています。アントシアニンは、沖縄素材である紅芋由来で、品質の良さも大人気のポイント


毎日続けやすい1日1粒で、目の健康ケアになる抗酸化成分が補えます。コストも1日あたり大体60円程度と続けやすくなっています。


国産、沖縄品質の効果を実感へ。


価格 \1,800
成分 ルテイン、ゼアキサンチン、アントシアニン
備考 1日1粒、1日約60円

公式サイトへ

クリアアイ

クリアアイ

おすすめポイント!

『クリアアイ』は、目の健康維持に嬉しい抗酸化成分たっぷりのサプリメントです。目にとって欠かせない「ルテイン」を中心に、「ゼアキサンチン、アントシアニン」を配合。アントシアニンは、ビルベリー由来を使用しています。


さらに!「DHA」を含む精製魚油を使用しているところが特長で、血行を良くして視力改善を助けます。目のトラブルケアにおすすめです。1日1粒で続けやすく、コスト的にも約90円程度と経済的にも継続しやすいところも人気の理由です。


毎日の目の健康ケアに続けてみませんか。


価格 \972
成分 ビルベリー由来アントシアニン、ルテイン、ゼアキサンチン、DHAを含む精製魚油
備考 1日1粒、1日約90円

公式サイトへ

「緑内障」と「白内障」の違い・特徴

目の病気はさまざまですが、よく知られている眼病では、「緑内障」や「白内障」があります。

 

病名が似ているため、混同されやすいのですが、それぞれ異なる目の病気です。

 

どちらも、若い人よりは高齢者が発症しやすいなどの共通項はありますが、別の病気であることをまずは認識してください。

 

緑内障と白内障の違いを知るために、それぞれの特徴的な症状などをご紹介します。

 

緑内障りょくないしょう
緑内障とは、簡単にいうと、視野が欠損する目の病気です。症状の進行はゆるやかで、徐々に視野が欠けて狭まります。

 

視界の外側でなく、内側、鼻側から視野が欠けていくことが緑内障の特徴です。だんだんと視野は欠けていきますが、その欠損した視野、視力は回復しません。視力の低下と直接的な関係はありませんが、場合によっては失明の危険がある目の病気です。

 

一般的に眼圧が高くなることで緑内障は発症すると考えられていますが、日本人の緑内障患者の約7割は眼圧が正常な状態で発症しています。

白内障はくないしょう
白内障とは、眼がにごるような症状が特徴的な病気です。目の水晶体ににごりができて、視界の一部が急に見えなくなり、その範囲は広がっていきます。また、急に真ん中だけが見えないといった症状もあります。

 

このように、緑内障と白内障は異なる病気です。まとめると、視野が欠ける症状が緑内障、視野が濁る症状が白内障です。

 

また、白内障は手術によって改善が可能ですが、緑内障の場合は完全に元に戻すことができないことも、大きな違いといえます。

 

目に違和感が出たら、すぐに眼科で診てもらうべきです。そして、緑内障にならないように、日ごろからケアを始めましょう。

 

抗酸化作用のある成分を摂ることにより、目の老化対策から健康維持、緑内障対策に良いと言われています。

緑内障予防には「ビタミン」が良い?その理由とは?

緑内障というと目の病気であるため、対策には「目薬」が効きそうというイメージがあるかもしれません。

 

しかし、緑内障が発症する流れをみると、身体と密接に関係しています。

 

まず、一般的に緑内障は「眼圧」が高くなることが発症の原因とされています。

 

眼圧が高くなったとき、視神経が圧迫されるため、視野が欠けていき、狭まる症状が出るのです。この場合、眼圧を下げる必要があります。

 

(※眼圧は眼科で検査することができます。定期的に調べることをおすすめいたします。)

 

眼圧を下げるためには、実は「ビタミン」が良いと言われています。身近な栄養素ですから、日常的にむりなく摂ることができますよね。

 

ビタミンにも種類がありますが、その中でも、「ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群」がおすすめです。

 

ビタミンCは緑黄色野菜に多く含まれていて、活性酸素を取り除く抗酸化作用があります。ビタミンEも同様に抗酸化作用に優れた働きを持ち、くるみや魚卵などに多く含まれています。

 

とくに注目すべきはビタミンB群です。緑内障は視力低下によって発症することもありますが、視力が低い人はなおのこと「ビタミンB12」が緑内障対策になります。

 

ビタミンB12はレバーやしじみに多く含まれていて、視力低下ケアになります。また、同じくビタミンB群の「ビタミンB6」もおすすめです。まぐろや酒粕、にんにくなどに含まれています。

 

これらのビタミン類をバランスよく取り入れると、体の中から目のケアになります。

 

先天性の緑内障の場合も、ビタミン類の働きで症状対策になります。ビタミンは毎日摂取しているつもりでも、食生活が乱れていて不足している人も少なくありません。意識的に取り入れたり、サプリメントを活用してみましょう。

 

もちろん、ビタミンだけを摂ることで緑内障にならないわけではありません。そのほかの栄養もバランスよく摂る規則正しい食生活を推奨します。

緑内障を調べる検査方法

緑内障は決して珍しい奇病ではありません。日本人に多いともいわれています。もし緑内障になると、少しずつ視野が欠損していきます。

 

進行がゆるやかであるため気づきにくいので、定期的に検査を受けることをおすすめしますが、もし違和感が出たら、早めに眼科を受診してください。

 

緑内障は最悪の場合、失明に至るリスクもあるので軽視してはなりません。眼科では、まず診察から緑内障の検査を行っていきます。

 

問診票を記入し、医師にも直接、どのような症状が出ているのか、不安点などを事細かく伝えるようにしてください。

 

症状が出始めた時期や、症状の内容などを確認されると思いますので、具体的に答えるようにしましょう。

 

また、過去の病歴や使用中のお薬についても確認される場合があります。お薬手帳などを持参しましょう。

 

その後、触診もありますが、医師の診断によって検査を行います。

 

検査方法にはいくつかあります。

  • 眼圧検査
  • 眼底検査
  • 視野検査
  • 画像検査

 

複数の検査を行い、検査結果から緑内障を判断します。

 

たとえば、眼圧検査では眼圧が異常に高い場合、緑内障のリスクが高いといえます。そのほか、視野の欠如や視神経障害などを調べる検査になっており、緑内障だけでなく、他の眼病についても調べます。

 

緑内障にはいくつか種類があるので、それに適した治療が必要になってきます。決して自己判断はせずに、検査を行ってください。

 

その結果から導き出された診断により、治療に進みます。そして、治療を継続することによって、緑内障を発症しても視野の欠損を抑えていくことができます

もしかして緑内障かも?セルフチェックの方法

緑内障とは、簡単にいうと、視野が欠損していく目の病気です。鼻側から徐々に視野が欠如していき、進行すると最悪の場合は失明に至るこわい病気です。

 

欠損してしまった視野は、戻ることがありません。回復させることはできないのですが、進行を抑えることはできますので、早期発見・早期治療が重要になってきます。

 

もし、違和感をおぼえたら、勘違いならそれはそれで安心できるので、まずは眼科で診てもらうようにしましょう。

 

症状の進行がゆるやかで気づきにくいともいわれていますが、簡易的にですが調べる方法があります。現在では緑内障をチェックするアプリなども出ているようなので、そちらを試しても構いません。

 

また、新聞紙があれば、簡単にセルフチェックできます。まず、新聞紙を壁に貼り付けて、片目を閉じて、もう片方の目で新聞紙を見つめます。視野が新聞紙でいっぱいになる距離間で行います。このとき、視野に欠けている部分があったら、緑内障の疑いがあります。

 

ただし、この方法はあくまで簡易的なセルフチェックです。きちんと調べないことには、緑内障であるかを判断できませんし、もし緑内障であれば適切な治療が必要になるので、まずは眼科で調べるようにしましょう。いくつかの検査を行い、診断を受けることができます。

 

もっとも、緑内障はなるべく予防したい病気のひとつです。早期発見は重要ですが、まだ視野欠損の症状がなくても、対策は行いましょう。ルテインサプリメントを取り入れ、目のケアを行い、目の健康維持を意識してみてください。

緑内障は珍しくない病気 発症率や年齢層

どこか緑内障は他人事と思っていませんか。しかし、珍しい病気ではありません。

 

とくに日本人は、緑内障の発症率が低くないのです。視覚障害の多くが緑内障とされており、とくに中高年・高齢者に多く、40歳以上の20人に1人は緑内障ともいわれています。

 

それほど珍しくはないため、緊張感を持つべきです。

 

しかも、発症率はこのように高めであるにもかかわらず、自覚症状に乏しい病気です。発症者のうち自覚症状があるのは、わずか1割程度ともされているほど、自分では気づきにくい病気なのです。

 

視野が狭まっていく症状があるため、気づきそうなものですが、進行がゆるやかです。さらに視野が欠損しても、眼は本能的に、もう片目で補おうとするため、実際に目の視野が欠如していても、気づきにくいのです。

 

厄介なことに緑内障によって欠損した視野は元通りに戻ることがありません。つまり、進行するほどに、その視野は一生涯続いてしまいます。いかに早期に発見できるかが、今後の生活に影響するといっても過言ではありません。

 

視野が戻らなくても、適切な治療を受けることで、進行を食い止め、失明を防ぐことはできます。ですから、違和感が出たら早めに眼科で検査を受けるようにしてください。

 

眼圧の検査などを行い、検査結果から緑内障と診断された場合は、点眼薬などで治療を行っていきます。

 

緑内障は主に眼圧が高いことで発症するのですが、その眼圧は専門の検査を受けないことにはわかりませんので、定期的に調べることが望ましいです。

 

また、その他にも原因はありますので、定期的に目の健康診断を行ってみてはいかがでしょうか。もちろん、予防に越したことはありません。

 

まだ若い人も、目のケアを日常的に行うことで、緑内障のリスクを軽減することができるでしょう。

もしも緑内障と診断されたら…治療方法

緑内障は簡単にいうと、視野が欠如していく目の病気です。最悪の場合は失明するリスクがあるため、違和感をおぼえたら、早めに検査を受けましょう。

 

眼科では、眼圧検査や眼底検査、視野検査、画像検査などを行って、検査結果から医師が病気を診断します。

 

緑内障にもさまざまなタイプがあるので、その点についても調べる必要があります。そして診断結果に基づき、適切な治療を行っていきます。

 

現時点で、緑内障を治す治療法はありません。一度欠損した視野は元に戻らないとされています。

 

しかし、だからといってそのまま放置していると、症状は進行するのみです。次第に見える範囲が狭まり、生活にも影響がおよびます。

 

緑内障を早期発見・早期治療できると、症状の進行を食い止めることができます。治療法ですが、主に「薬物療法」を行います。

 

緑内障に適した点眼薬や内服薬を継続的に利用することで、進行を食い止め、症状の悪化を防ぐことができます。必ず、医師の指示に従って定期的に通院をしながら治療を続けてください。

 

また、治療の際の注意点として、緑内障で用いられる薬は、他の薬と相性が悪いものが多いことです。

 

お薬手帳を常に持ち歩き、風邪をひいたときなどもむやみに市販薬を使用せずに、薬剤師に相談するか、内科で医師に利用中の薬を伝えてください。

 

合わない薬を服用してしまうと、副作用の危険が高まるので、必ず注意してください。

 

最後に、緑内障は日本人に多い病気です。誰でも発症するリスクはありますので、常日頃から目の健康を意識してみましょう。

 

サプリメントを活用するなどして、対策することはとても大切な行為です。

▲TOP